マンション売却前に修繕が必要

マンション売却前に修繕が必要

マンション売却前に修繕が必要 マンションを売却する場合には、出来るだけ高い値段で売りたいものです。しかし中古のマンションは必ず経年劣化しており、売却の前にはリフォーム等を施してから売却した方が、早く高く売ることが出来るようになるものです。
特に修繕が必要な所は水回りです。バスルームやトイレ、キッチンは新しく取り換えてから売りに出した方が、次の入居者にも気持ちよく使ってもらえます。

マンション売却は一生に一度あるかないかの出来事です。次にその物件を購入する人の立場になって、修繕を施してみると良いでしょう。たとえ中古マンションであって、見かけはやや悪くても、内装がしっかりと施されていれば、購入者にとっても買いやすくなるのではないでしょうか。
このようにマンション売却時に水回りを中心とした、リフォームをきちんと行うようにします。するとすぐに売却が成立する可能性も高まり、マンションを現金化する時間を省略することが出来るかもしれません。

マンション売却を管理組合に報告する時期について

マンション売却を管理組合に報告する時期について マンション売却をするときに所有権が次の買主に移転したら、組合員として資格が喪失したことは管理組合へ速やかに報告しなければいけません。そのため報告は決済直後が良く、書面での届出も必要なのでマンション売却を管理組合へ事前に連絡しておいてから提出書類や手続について確認しておくとスムーズに出来ます。
資格を喪失すると理事長あてに「組合員資格喪失届け」を提出しますが、理事長へ直接提出することは少なくて共有部分の会社へと提出するのが一般的です。

届出を予め取り寄せてから、決済日の後ですぐに会社へ提出が出来るように準備をしておきます。理事長や福理事長、会計担当理事などの役員が設けられていて持ち回り方式で回ってくることが多いです。
売却するタイミングで役員が回ってきてしまうこともありますが、売却することが可能か気になるところです。ただ、役員の任期中でも売ることは可能で、ただし他の役員には言いにくいことや少し肩身が狭い思いをしたりすることもあります。