マンション売却は業者探しから

マンション売却時の手続き

マンション売却時の手続き 何らかの事情があってマンションを売却したいと考えたとき、まずは不動産仲介会社にどのくらいの金額で売却が可能かを査定してもらいましょう。
依頼を受けた不動産仲介会社は、依頼を受けたマンションの成約事項や売り出し事例に加え、近隣マンションについての情報や市場価格なども考慮して売却査定価格の提案を行います。
マンション売却を始めるにあたり、必要なのは不動産仲介会社と媒介契約を締結することです。
媒介契約といっても一般媒介契約と専任媒介契約、専属媒介契約という種類があり、当然それぞれで特徴が異なります。
違いについては、不動産仲介会社に詳しい説明をお願いしてから媒介契約を締結するようにしましょう。
マンション売却に関する物件の販売活動は、仲介会社が行ってくれます。
広告やインターネットなどを活用して、マンション購入を考えている方に幅広く募集をかけていきます。
購入希望者があらわれ契約条件などを話し合ったうえで売り主と買い主、両者が合意に至った場合は不動産売買契約を締結して手付金の授受が行われることになります。
最後に、売り主と買い主が立ち会っての物件の最終確認です。
残金決済当日になると所有権移転登記申請書類の手続きから、残りの代金の授受や物件の引き渡しを行います。

不動産会社にマンション売却の仲介を依頼するときの書面義務

不動産会社にマンション売却の仲介を依頼するときの書面義務 不動産会社に、マンション売却の仲介を依頼する場合には、契約の手続きが必ず必要になります。
契約時に再生吸うことになるのが媒介契約書です。
手続きや内容は書面交付義務として宅地建物取引業法で定められています。
不動産の仲介業者は、契約時に契約書を作成して交付する義務があるという訳です。
マンション売却は高額な取引なので、口頭での契約が成立しないことが法律に定められています。
契約書の書面交付義務は、専属専任と専任、一般の3種類ある媒介のどの契約を選んだときでも適用されます。
仲介業者は、契約書を作成、交付することに加えて、口頭で契約内容を十分に説明し、依頼者の意思の確認をすることも義務となっています。
売主と買主の間で交わす不動産の売買契約書の場合には、収入印紙が必要になりますが、媒介契約書の場合には、印紙は必要がありません。
媒介契約の契約書に収入印紙は必要ありませんが、正式な書類として扱われることになります。